CMCコーポレーションはベトナムにおける2018年の最も効果的な業績がある上位50社にランクインしました。

05/07/2019

2019627日の朝、『ベトナムにおける2018年の最も効果的な業績がある上位50社』の表彰式はホーチミン市にあるGEMセンターで開催されました。CMCコーポレーションは光栄にランクインできました。

『ベトナムにおける2018年の最も効果的な業績がある上位50社』は、信頼度の高いランキングであり、Nhip Cau Dau Tu(The Business Review)雑誌よって毎年評価されています。ハーバードビジネススクールの上位の経済専門家及び経営者の意見をいただき、Bloomberg Businessweek, Fortune, Global Forbesなど世界の信頼度の高いランキングを参照した上、ベトナムの株式市場で効果的な業績を上げている企業を選考し、表彰するものです。

2019年6月27日の朝、『ベトナムにおける2018年の最も効果的な業績がある上位50社』の表彰式と『世界貿易戦争とベトナム企業の行動』の2019年の投資会議はGEMセンター(ホーチミン市、1区)で行われました。ベトナムの各大手企業の50人の管理者、国内外の一流金融機関からの300人のお客様、影響力のあるマクロ経済幹部、及びベトナムの上位企業のトップが参加しました。

dsc02730_5.jpg

左から4番目はDang The Tai氏(CMC TSSGの総社長)です。

ベントでは、CMCコーポレーションは『ベトナムにおける2018年の最も効果的な業績がある上位50社』に選ばれました。 Dang The Tai氏(CMC TSSGの総社長)は、当コーポレーションを代表して、開催委員会から表彰記念品を受け取しました。

2018年、当コーポレーションの連結総売上高は5兆1,850億VNDで、(合弁会社、関連会社および内部を除く)、2017年より6%増加し、計画の92%を達成しました。連結税引前利益は2,618億VNDで、前年より20%増加し、計画の102%を達成しました。当コーポレーションの2019年の年次株主総会は2019年6月26日の朝に行われ、総会では、取締役会は既存株主に2018年度の配当の15%を現金で、4.088%を特別配当株で支払うことを決めました。即ち、株主が合計で19%以上の配当を受け取れます。

 

Các tin khác

E.g., 08/26/2019
Tiêu đề Ngày đăng

CMCコーポレーションはベトナムにおける2018年の最も効果的な業績がある上位50社にランクインしました。

2019627日の朝、『ベトナムにおける2018年の最も効果的な業績がある上位50社』の表彰式はホーチミン市にあるGEMセンターで開催されました。CMCコーポレーションは光栄にランクインできました。

05/07/2019

CMCは2018年度の配当の15%を現金で、4%を特別配当株で支払う。

CMCコーポレーション(銘柄記号:CMG)は、2018年度の事業活動報告(201841日から2019331日まで)および2019年度の計画について、2019年の年次株主総会を開催しました。総会で承認された計画によると、CMCは株主に2018年度の配当の15%を現金で、4.088%を特別配当株で支払うことが分かりました。(株主が合計で19%以上の配当を受け取れます)

05/07/2019

CMCは公的デジタル署名認証サービスサプライヤー(CA)のライセンスを取得し、70万以上の企業に『One-stop-shop』を提供します

201965日に、ハノイで、国家電子認証センターは公的デジタル署名認証サービスサプライヤー(CA)のライセンスをCMCコーポレートに交付しました。このライセンスにより、CMCは、中小企業から大企業まで、すべての法人顧客に『One-stop-shop』サービスを提供できると予想されます。

11/06/2019

CMCコーポレートはSamsung SDSからの戦略的投資を受ける

cmc_samsung_sds_1_3.jpg

写真:Samsung SDSの代表取締役会長兼社長であるWon-Pyo Hong博士は、Samsung SDSの代表として、CMCコーポレートと戦略的投資の原則についての合意書を締結しました。

29/05/2019

CMCがオープンインフラエコシステムC.OPE2Nを発表、ベトナムをアジアの『デジタルハブ』にしたい

世界的なデジタル変革(Digital Transformation)の背景に、、ベトナムの最大ICT企業であるCMCC.OPE2Nいう企業や組織向けのオープンインフラエコシステムを開発しました。 ベトナムをデータの収集・接続及び知識の共有のための『デジタルハブする願望と共に、C.OPE2Nエコシステムは政府と企業に利益をもたらし、ベトナム4.0』建設するための基礎を築くでしょう。

08/05/2019

Pages

Facebookページ