CMCコーポレートはSamsung SDSからの戦略的投資を受ける

29/05/2019

cmc_samsung_sds_1_3.jpg

写真:Samsung SDSの代表取締役会長兼社長であるWon-Pyo Hong博士は、Samsung SDSの代表として、CMCコーポレートと戦略的投資の原則についての合意書を締結しました。

Samsung SDSは、Samsung Group(韓国)の子会社であり、ITおよび物流ソリューションを専業しており、現在、韓国第一位の情報技術企業です。ベトナム市場で事業を拡大する戦略の一環として、2019年5月25日にハノイで、Samsung SDSは、CMCコーポレートと戦略的投資の原則についての合意書を締結し、双方の強みであるすべての分野で包括的な協力を強化する目的を目指します。まず、Samsung SDSはCMCと一緒に、スマートファクトリ(Smart Factory)、クラウド(Cloud)、およびサイバーセキュリティ(Cyber Security)の分野におけるソリューションを開発します。将来的には、ブロックチェーン(Blockchain)やビッグデータ(Big Data)分析などの他の分野を開拓し、成長を強く促進し、アジア太平洋市場と世界市場にも拡大していくする計画があります。

この戦略的投資合意は、Samsung SDSのCMCに対する信頼を確定するものであり、グローバリゼーションのトレンドにおけるベトナムのテクノロジー企業の能力も証明しました。CMCは、Samsung SDSとの戦略的協力により、2023年までに10億米ドルの売上高を達成するという戦略目標に一歩近づくことができると期待しています。現在、CMCコーポレートは3つの主要分野に注力しています。それは情報技術とソリューション(Technology & Solution)、国際営業(Global Business)、および電気通信サービス(Telecommunications)です。CMCの目標は、グロバール企業になり、地域と世界にデジタル変換サービスとデジタルサービスを提供する第一位を狙っています。

2016年からSamsung SDS はCMCと協業し始めました。2018年6月、ベトナムのSamsungの200社以上のサプライヤ向けるMES(Manufacturing Execution System)スマートファクトリ管理運用のソリューションの展開するのに、Samsung SDSは、CMCと戦略的協力契約を締結しました。ソフトウェア分野の協業と共に、2018年11月、CMC代表団の韓国訪問に当たって、Samsungは、Samsung SDS(2017年の売上高は82億ドル)および早く成長して、売上高が22億ドルである電気通信(Data Center, Cloud)という2つの非常に潜在的な事業における包括的な戦略的協力を提案しました。現在、CMC TELECOMは、そのサービスの質、速い対応速度、および完全なバックアップシステム能力のおかげで、ベトナムのSamsung Groupのための全体の国際電気通信チャネルを提供する唯一のパートナーです。

cmc_samsung_sds_2_1.jpg

写真:調印式のSamsung SDSおよびCMCコーポレートの代表者(左から3人目:Samsung SDSの代表取締役会長兼社長であるWon-Pyo Hong博士、左から4人目:CMCコーポレートの取締役会長兼社長であるNguyen Trung Chinh氏

調印式で、Samsung SDSの代表取締役会長兼社長であるWon-Pyo Hong博士は、次のように発表しました。「CMCを選択することで、ベトナムと東南アジアで事業を拡大するための戦略的パートナーを確保できました。両社の協業による合わせた力で、グローバルのお客様にデジタル変革(Digital Transformation)を積極的にサポートしていきます。」

CMCコーポレートの取締役会長兼社長であるNguyen Trung Chinh氏は、この戦略的協力が成功すると信じます。「CMCコーポレートは、『世界クラス』の情報・電気通信技術の製品およびサービスを世界に提供するという目標を明確に決定します。CMCがAT&TOracle、SAPMicrosoft、そしてSamsung SDSなどの世界トップのテクノロジ企業にパートナーとして選択されたのはその目標を固定しました。Samsung SDSCMCとの協業は、ベトナム、韓国のデジタル経済の構築、ならびにアジア太平洋地域、それに世界の市場への到達に大きな価値があると考えています。」

 

CMCコーポレートについての情報:

CMCは、設立されてから26年以上が経て、ベトナムの第二位の大きなICT企業です。CMCは、情報技術とソリューション(Technology & Solution)、国際営業(Global Business)、および電気通信サービス(Telecommunications)の 3つの分野における中核事業を通じて、ベトナムおよび世界の多くの国々の市場での立場を確保できました。ベトナムでは、CMCは、政府、教育、課税、財務、税関、保険、電気、銀行、金融、および企業向けの分野における中大規模のICTプロジェクトの信頼できるパートナーとして知られています。2018年度には、当社の累積売上高は約6兆ベトナムドンで、税引前利益は3,000億ベトナムドン以上に達しました。最近、CMCコーポレートは、オープンインフラストラクチャであるC.OPE2Nを発表し、企業や組織がデジタル変革に成功し、強く成長しているデジタル経済に迅速に追い付けるように支援します。CMCの目標は、2023年までに10億米ドル規模の企業になることです。

Các tin khác

E.g., 08/26/2019
Tiêu đề Ngày đăng

CMCコーポレーションはベトナムにおける2018年の最も効果的な業績がある上位50社にランクインしました。

2019627日の朝、『ベトナムにおける2018年の最も効果的な業績がある上位50社』の表彰式はホーチミン市にあるGEMセンターで開催されました。CMCコーポレーションは光栄にランクインできました。

05/07/2019

CMCは2018年度の配当の15%を現金で、4%を特別配当株で支払う。

CMCコーポレーション(銘柄記号:CMG)は、2018年度の事業活動報告(201841日から2019331日まで)および2019年度の計画について、2019年の年次株主総会を開催しました。総会で承認された計画によると、CMCは株主に2018年度の配当の15%を現金で、4.088%を特別配当株で支払うことが分かりました。(株主が合計で19%以上の配当を受け取れます)

05/07/2019

CMCは公的デジタル署名認証サービスサプライヤー(CA)のライセンスを取得し、70万以上の企業に『One-stop-shop』を提供します

201965日に、ハノイで、国家電子認証センターは公的デジタル署名認証サービスサプライヤー(CA)のライセンスをCMCコーポレートに交付しました。このライセンスにより、CMCは、中小企業から大企業まで、すべての法人顧客に『One-stop-shop』サービスを提供できると予想されます。

11/06/2019

CMCコーポレートはSamsung SDSからの戦略的投資を受ける

cmc_samsung_sds_1_3.jpg

写真:Samsung SDSの代表取締役会長兼社長であるWon-Pyo Hong博士は、Samsung SDSの代表として、CMCコーポレートと戦略的投資の原則についての合意書を締結しました。

29/05/2019

CMCがオープンインフラエコシステムC.OPE2Nを発表、ベトナムをアジアの『デジタルハブ』にしたい

世界的なデジタル変革(Digital Transformation)の背景に、、ベトナムの最大ICT企業であるCMCC.OPE2Nいう企業や組織向けのオープンインフラエコシステムを開発しました。 ベトナムをデータの収集・接続及び知識の共有のための『デジタルハブする願望と共に、C.OPE2Nエコシステムは政府と企業に利益をもたらし、ベトナム4.0』建設するための基礎を築くでしょう。

08/05/2019

Pages

Facebookページ