CMCとSamsung SDSが包括的かつ戦略的なパートナーシップ契約を締結しました。

01/08/2019

2019726日、ハノイにおいて、韓国のNo.1 IT企業であるSamsung SDSと、ベトナムのITC分野のトップ企業であるCMCコーポレーションが、包括的かつ戦略的パートナーシップ契約を正式に締結しました。これはSamsung SDSとCMCとの技術における包括的かつ戦略的な協業を伴う投資契約です。

8_6.png

Samsung SDSはCMCの取締役会に参加して、事業戦略を共有し、相互の成長を促進するためのプログラムを計画します。 Samsung SDSと協業して、CMCコーポレーションは技術力も市場の可能性も活用でき、東南アジア市場での成長をさらに促進します。一方、Samsung SDSも、最新の技術とソリューションをCMCのビジネスネットワークに統合することによってベトナム市場における地位を向上させられるでしょう。

Samsung SDSはCMCと協力して、スマートファクトリー(Smart Factory)、クラウドコンピューティング(Cloud)、情報セキュリティソリューション(Security)、スマートビル管理システム(Building Management System)、デジタルサイネージ(Digital Signage)などのIoTソリューションを含める主要な技術分野で事業展開を行います。両社は、人工知能(AI)、ブロックチェーン、およびビッグデータに関連する事業分野を引き続き開発しています。スマートファクトリーの分野では、Samsung SDSとCMCは、まずベトナムにおける韓国の工場を集中し、それから、ベトナム企業への展開を拡大します。

さらに、Samsung SDSは、CMCが東南アジア市場におけるソフトウェアの開発およびメンテナンスのためのグローバルセンター(GDC)になるよう、協業計画を立てます。CMCは、アジアおよび全世界におけるSamsung SDSの事業運営の主要パートナーとしての役割を果たします。

調印式で、CMCコーポレーションの取締役会長兼総社長であるNguyen Trung Chinh氏は、次のように述べた。「本日、韓国のNo.1 IT企業であるSamsung SDSは、正式にCMCの戦略的な投資家になりました。財政面のメリットはもちろん、戦略的な投資家は我が社に経営管理及び技術に関する経験を共有して頂けます。Samsung SDSとの協業は、我が社が最高の管理能力を得られ、4,000億ドルの規模であるSamsungと同じく、会社を発展させられる、又は国際市場に進出できるようになります。CMCはSamsung SDSにそれら可能性が見えて、戦略的な投資パートナーとしてSamsung SDSを選択しました。」

Samsung SDSの会長兼総社長であるWP Hong博士は、次のように述べています。「CMCと今回はの協業を通じて、産業4.0に適したソフトウェア、クラウドコンピューティング、人工知能などの製品の開発に注力したいと思います。我が社にとって、ベトナムはいつも最優先な市場です。CMCと共に、我が社は地域、そして世界の市場に進出できることを期待しています。」

情報通信省のPhan Tam副大臣は、次のように述べています。「CMCが、ベトナムのテクノロジとベトナムのインテリジェンスを世界にもたらすための旅に、新たな重要なマイルストーンに達したことは光栄で、非常に嬉しく思います。この開発のステップは、国際市場におけるベトナム企業の地位と名誉、そして能力を確定できたものです。情報通信省は、CMCとSamsung SDSが、ベトナム国内の企業が共に発展させ、大きく活発なベトナムの技術コミュニティを作り出すことに先頭になるよう期待しています。」

9_3.png

左から: Nguyen Trung Chinh氏、Phan Tam副大臣、WP Hong

Samsung SDSとCMCとの協業は、2016年から始まりました。2018年6月、Samsung SDSは、ベトナムにおける200社以上のSamsungのサプライヤを向けるスマートファクトリの管理・運営MES(Manufacturing Execution System)ソリューションを展開する為に、CMCとの戦略的なパートナーシップ契約を締結しました。2018年11月、Samsungは非常に潜在的な事業であるSamsung SDS(2018会計年度の売上は90億ドル)及びと現在非常に成長している事業であるテレコムサービス(データセンター、クラウド)における包括的かつ戦略的な協業を打診しました。現在、CMC Telecomは、サービスの質、速い処理速度、それに、完全なバックアップシステム容量のおかげで、ベトナムでのSamsungを向ける国際通信チャネルを提供している最も大きなパートナです。

この戦略的な投資契約は、CMCに対するSamsung SDSの信頼を裏付けるものであり、グローバリゼーションのトレンドにおけるベトナムのテクノロジー企業の能力を証明するものです。

Các tin khác

E.g., 08/26/2019
Tiêu đề Ngày đăng

CMCコーポレーションはベトナムにおける2018年の最も効果的な業績がある上位50社にランクインしました。

2019627日の朝、『ベトナムにおける2018年の最も効果的な業績がある上位50社』の表彰式はホーチミン市にあるGEMセンターで開催されました。CMCコーポレーションは光栄にランクインできました。

05/07/2019

CMCは2018年度の配当の15%を現金で、4%を特別配当株で支払う。

CMCコーポレーション(銘柄記号:CMG)は、2018年度の事業活動報告(201841日から2019331日まで)および2019年度の計画について、2019年の年次株主総会を開催しました。総会で承認された計画によると、CMCは株主に2018年度の配当の15%を現金で、4.088%を特別配当株で支払うことが分かりました。(株主が合計で19%以上の配当を受け取れます)

05/07/2019

CMCは公的デジタル署名認証サービスサプライヤー(CA)のライセンスを取得し、70万以上の企業に『One-stop-shop』を提供します

201965日に、ハノイで、国家電子認証センターは公的デジタル署名認証サービスサプライヤー(CA)のライセンスをCMCコーポレートに交付しました。このライセンスにより、CMCは、中小企業から大企業まで、すべての法人顧客に『One-stop-shop』サービスを提供できると予想されます。

11/06/2019

CMCコーポレートはSamsung SDSからの戦略的投資を受ける

cmc_samsung_sds_1_3.jpg

写真:Samsung SDSの代表取締役会長兼社長であるWon-Pyo Hong博士は、Samsung SDSの代表として、CMCコーポレートと戦略的投資の原則についての合意書を締結しました。

29/05/2019

CMCがオープンインフラエコシステムC.OPE2Nを発表、ベトナムをアジアの『デジタルハブ』にしたい

世界的なデジタル変革(Digital Transformation)の背景に、、ベトナムの最大ICT企業であるCMCC.OPE2Nいう企業や組織向けのオープンインフラエコシステムを開発しました。 ベトナムをデータの収集・接続及び知識の共有のための『デジタルハブする願望と共に、C.OPE2Nエコシステムは政府と企業に利益をもたらし、ベトナム4.0』建設するための基礎を築くでしょう。

08/05/2019

Pages

Facebookページ